2021.12.21

Radio

固定残業制度のコーデポイント

崎山一葉さん
今日のコーデポイントは「固定残業制度のコーデポイント」

固定残業制度にはもろもろ注意点があるとお聞きしましたが、、、
具体的に教えて頂けますか?

渡慶次さん
固定残業制度というのは
例えば月20時間や30時間と残業時間を決めて、その残業時間内であれば同じ残業代を支払うという制度です。
注意点としては、20時間や30時間と決めた残業時間を超えた時に、追加の残業代を払っているかどうかが重要なポイントになります。

よく見かける違法な運用として、例えば
月20万円の給与として固定の金額があって、この金額に残業代も込みだからと、何時間分とも決めずに青天井で残業させてしまう、、、これは固定残業制度とは言えないんですね。

この例で固定残業制度を正しく運用するには
月20万円の給与を支払う場合
基本給部分を15万円
残業代部分を 5万円
とし、30時間分の残業代がカバーされているというように分けて明示します。
さらに30時間を超えた残業については追加で残業代を支払うという事も必要です。

崎山一葉さん
ポイントさえしっかり押さえれば快適な職場つくりができるという事ですね。

渡慶次さん
そうですね。きちんとした運用が必要となってきます。

崎山一葉さん
今週もありがとうございました。
来週も人とお仕事に関するコーデ術のお話をよろしくお願いします。

関連ページ

賃金設計に関するコンサルティング

 

最近の投稿

月間アーカイブ